夜行バス内の過ごし方|楽しいバスの旅|夜行バスで一風変わった旅行を

楽しいバスの旅|夜行バスで一風変わった旅行を

夫婦

夜行バス内の過ごし方

バス

夜行バス内では、基本的に寝るだけになります。移動中、何度かトイレ休憩で止まり、数度止まった以降はトイレ休憩は行われず、目的地まで移動することになります。このトイレ休憩はバスにトイレが付いていても行われます。そのため、トイレ休憩が終わったあとは素早く寝るようにしましょう。この時に夜更かししていると目的地到着が朝の5時や6時になるので、到着時に寝不足になることは多いです。また、夜中にスマートフォンなどをつけるとその灯りが他の人の迷惑になるので使用は推奨できません。
初めて夜行バスに乗る場合、なかなか寝付けないことは多いです。特に格安の夜行バスに乗っていると窮屈なことが多いため、殆ど眠れずに目的地に到着し、寝不足で旅行をすることになってしまいます。そうなると旅行の際に眠くなることも多いため、きちんと寝れるように準備しておく必要があります。具体的な対策としては、寝る前はスマートフォンを観ないでおくことが好ましく、夜行バスに乗るときはゆったりとした服装であることが好ましいです。
他にも、個人で用意するものとしてはアイマスクや耳栓を持っていけば周囲の音を気にすること無く眠れます。また、耳栓ではなく安眠用CDを流すというのも有効であり、夜行バスの振動も合わせて気持ちよく眠れることは多いです。夜行バスに乗れない間は緊張して寝付けないケースもあるので、いっその事目的地に到着したら一時間ほど漫画喫茶で仮眠を取るというのも有効です。到着時刻は早朝のため、少し寝て余裕を持って旅行を楽しみましょう。